トップページ

こだわり・生産方法

こだわり

需要ある米作り

内田農場はうまいお米ではなく”日本一使い手から欲しがられる米”を追求し、 あそこに頼めば、自分たちのほしい米をばっちり作ってくれるという農場を目指しております。 九州では少ない「コシヒカリ」の生産から、量がたくさん穫れる「みつひかり」など、お客様のニーズに応えるお米づくりに力を入れております。

弊社では受注生産で業務加工向けの米を生産しております。
これらは品質と同時に値頃感が求められ、コスト削減は避けて通ることができません。
内田農場での稲刈りは9月初旬から11月中旬の3ヶ月以上と長く作業幅を広げることで機械の稼働率が上がり、その分コストが下げております。

作期分散によりコストダウン
「ごはんソムリエ」によるお米コンサルティング

内田農場では「ごはんソムリエ」(社団法人日本炊飯協会認定)の資格を活かし、旅館やホテルや飲食店などに調理方法や料理の特長に適した米をご提案しております。
たとえば、焼き肉屋が求めるのは少し硬めのご飯です。肉を一通り食べた後、最後に焼き肉をご飯に乗せてかき込む時などは、少し硬めの米が合っているのでおすすめしております。
受注生産前は、まずはお会いしてお米のお話をたくさんしましょう!

生産方法

内田農場では「乾田直播」という栽培方法を採用しております

乾田直播(かんでんちょくは)とは、これまでの苗からの栽培ではなく、乾いた畑状態の田んぼに直接種を播き、ある程度育ったら田んぼに水を入れ水田の状態にして稲を栽培する手法です。
生産コストが下げられる以上に、一粒の種が大地に根を伸ばし実をつける生命力に溢れた米作りです。

堆肥散布

有機物の投入による土壌微生物の活性化は、地力窒素の増加、病気の抑制、透水性・保肥力の改善などさまざまな効果をもたらします。
稲作で発生する籾殻や稲わらを畜産に活用し、そこから出る糞を完熟させ、堆肥として圃場に還元しています。

心土破壊

心土破砕を行うことで管理作業や収穫作業で踏み固めた土や、雨などで締まった土の下を破砕・柔軟にします。水はけを良くしたり空気量を増やしたりして根の伸びる環境を整える作業です。

プラウ耕

プラウは深耕と有機物や堆肥などの鋤き込みをする反転耕です。鋤形状の反転耕起は土を練らないため、乾土効果を高めます。深耕の効果は根の生育範囲を拡大し、また、有機物や堆肥の鋤き込みは土壌の肥沃度を上げることができます。残渣物が下層に埋没されるため、表層に邪魔がなく精度の高い作業や播種が可能になります。

レーザー均平

レーザー光線を基準とした自動制御で、地表面の高い所の土を削って低い所へ運んでいき、圃場を均平にします。傾斜均平ができるため緩傾斜圃場として仕上げて、入水や排水を迅速に行うこともできます。

砕土鎮圧

パワーハローやディスクハローで土塊を砕土し、鋤き込んだ有機物を表層にかき出すことなく整地、ローラで鎮圧して播種床の準備をします。鎮圧することで沈み込みが少なく、直進性が上がり播種精度が上がります。

播種

播種のタイミングを逃さないよう高速作業・高精密で耐久性のあるドリルシーダーで種を播きます。米、麦、大豆と汎用利用しています。

鎮圧

播種後の鎮圧は、土塊を砕き種と土を密着させるとともに、播種深さを浅く安定させ、苗立ちの向上と漏水(縦浸透)を抑制します。

溝切り

降雨による過湿対策として、表面排水を促進する溝を掘ります。また、排水としてだけではなく圃場全体への迅速な入水も可能になります。

除草剤散布

乾田直播での雑草対策は、乾田期の茎葉処理剤と、入水後の一発処理剤の2回の体系処理を基本としています。

出芽・生育・肥培管理

乾田直播栽培では、代掻き作業がないため、播種後から出芽時までの乾田期間において基肥に施用した窒素肥料が脱窒・流亡しやすくなります。そのため圃場毎の追肥や管理が必要となりますが、圃場が固くぬからないので機械での追肥や防除ができます。

出穂、成熟

移植栽培に比べて緩やかな生育を辿るため成熟期はやや遅れます。

収穫

倒伏にも強く、粒の大きなお米ができました。そして乾田直播では代掻きを行わないため、圃場の排水性が改善され乾田化し圃場を荒らさない収穫作業が可能になりました。その後の稲わらの収集や作業可能日数の拡大につながります。