トップページ

会社概要

代表者ご挨拶

阿蘇のスケールを生かした土地利用型農業の確立を目指して農業生産法人有限会社内田農場を設立しました。
高齢化、後継者不足の現実の中で、法人として農業という事業を展開していく心がまえを自分自身にも地域の人々にも認識してもらうとともに、その受け皿と成りえるように信頼される会社作りを目指しています。

代表取締役社長 内田智也

会社概要

会社名 農業生産法人 有限会社内田農場
住所 〒869-2301 熊本県阿蘇市内牧20
代表者 内田 智也
電話/ファックス 0967-32-2262
業種 農業
資本金 300万円
経営面積 4,725a(所有地1,370a 利用権2,855a その他小作500a) . 水稲  3,725a(加工米900a含む) 大豆  1,000a(黒大豆、白大豆) 作業受託5,500a(稲作、大豆作、麦作)
機械、施設
ライスセンター(乾燥機4基) 460㎡(55石×3基、70石×1基)
機械倉庫 131m²
多目的農舎(畜舎兼用) 120m²
育苗ハウス(5棟) 1,400㎡(水稲苗11,000箱)
トラクター(100、95、82、60、27、16) 6台(レベラー、プラウ、ハロー他)
田植機(6条、8条) 2台
コンバイン(6条、4条) 2台
トラック (ユニック車、軽、ダンプ) 4台
ブームスプレーヤー 1台
ロールベーラー他 1セット
経営面積の推移
年度 自作地 利用権設定 その他小作地 経営面積
平成7年 529a 529a
平成8年 289a 727a 1,016a
平成9年 389a 727a 1,116a
平成10年 477a 727a 1,204a
平成11年 643a 853a 1,496a
平成12年 702av 873a 1,555a
平成13年 820a 932a 1,752a
平成14年 854a 932a 1,786a
平成15年 854a 1,063a 104a 2,021a
平成16年 975a 1,172a 104a 2,251a
平成17年 975a 1,575a 100a 2,650a
平成18年 975a 1,772a 111a 2,858a
平成19年 975a 1,875a 150a 3,000a
平成20年 1,106a 2,001a 250a 3,357a
平成21年 1,136a 2,235a 250a 3,621a
平成22年 1,145a 2,368a 430a 3,943a
平成23年 1,205a 2,565a 430a 4,200a
平成24年 1,275a 2,795a 500a 4,570a
平成25年 1,370a 2,855a 500a 4,725a
地域水田営農への取り組み 新たな政策に対応しながら、将来を見据えた経営目標に取り組んで行く。その為には大型機械化体系が可能な圃場づくりを進めるためにレーザーレベラー等を活用した圃場の大区画化と暗渠排水工事施工による水田の汎用化に取り組んでいる。
農・商・工連携と6次産業化への取り組み
  1. 阿蘇地域振興局普及指導課、熊本県農業公社、農業委員会等からの情報提供と指導と協議
  2. 日本農業法人協会、熊本県農業法人協会、熊本県農業経営者交流会、熊本県農業経営同友会、阿蘇市認定農業者の会などへの参加による研修と交流。
  3. ヤンマー農機、スガノ農機からの技術、情報提供による圃場作り、土作りの支援
  4. 酒販店、酒造会社との契約による酒造好適米の生産。純米吟醸酒「うち田」の商品化
  5. 貝島商店との契約による甘酒用加工米の生産
  6. 農商工連携による新商品開発に伴う大豆新品種「クロダマル」の生産
  7. 熊本県酒造組合との契約による酒造好適米の生産
  8. 三井化学アグロとの契約によるハイブリット米「みつひかり」の生産
  9. 住友化学との契約による新品種の試験栽培
  10. キャタピラー九州、クボタCIからの協力による地中灌漑システム「フォアス」の試験施工
  11. 九州、沖縄農業研究センターとの契約による大豆新品種「九州160号」「九州161号」適正試験栽培
  12. 業務用多収穫米「たちはるか」「あきだわら」の栽培開始
今後の課題と事業展開
  1. 年々、耕作面積が増加しているが、現在は圃場が分散しており作業効率をより高めるために行政、関係団体との協議を図りながらの農地の流動化によって団地化、大区画化を推進していく。
  2. 水稲乾田直播による作業分散とコスト低減、収量安定化。
  3. 圃場整備の工区(約200ha)程度を1農場として土地利用ができるような営農方式を構築し、自らの作業体制を整えるとともに地域の集落営農経営体等の営農集団との作業受委託が分担できるような効率のよい体制づくりを進めたい。
  4. 自然災害、異常気象に対応しうる基本的な栽培技術、経営管理。

アクセス